新型コロナショック相場以降、私はこれまで

2020年「3月23日~7月末」の期間に

「爆下げ相場」を想定してきました。

 

相場は3月に15860を大底にして4月5月と上昇し、

6月から7月末までは、ほぼ22000台で推移しました。

 

7月末には、一時的に下げる局面がありましたが、

21680から買い支えが入る展開により、

日足ベースでは安値を切り上げました。

 

実体経済は、非常に厳しい状況が続いていますが、この4カ月の間で

個人、企業へと、政府から大量にお金がバラまかれた影響もあってか、

実体経済とは大きく乖離して株式マーケットの推移は、今日も底堅く買われました。

 

これは日本のマーケットに限らず、世界のマーケットでも

同じようなことが起きています。

 

では、今後の世界のマーケットはコロナ禍の中で実体経済と大きく

乖離したまま上昇し続けるのでしょうか。

 

直近の値動きを見ると、今のところ下げる気配がありません。

 

この2か月間は、ほぼ22000台でのレンジ相場でしたし、

現在は23000台で推移しています。そして、今の上昇相場の

上値目途は「23380」と算出しています。

 

この「23380」は非常に強い上値抵抗値となるでしょう。

 

従って、ここを超えるようなら「上値ターゲット」を

改めて算出します。逆に、23380を超えれずに、再び

「22850」を潜る地合いになった場合は、「22850~22280」の

レンジ相場を想定します。

 

また、再び中期BOXの下限である「22040」を株価が割り込むと

「売り勢力」が増すイメージとなります。

 

つまり、今はBOX上限が「23380」で上値は重たい。

しかし、超えたら余程強い買いの流れと判断します。

 

結局「22380」は超えれずに「22850」を割れたら

「22850~22280」のレンジとなり、「22040」を割れたら

「爆下げ」が期待できる相場局面!という流れを考えていきます。

 

 

後は日柄ですが、8月の変化日は今日が最後です。

 

もし、今日の高値を超えれないようだと、変化日に

高値を付けて反転する地合いも考えておきたいと思います。

それが「爆下げ相場」のスタートになるのかは分かりません。

 

いずれにしても「22850」を割れるまでは下落相場は考えられません。

 

上値目途、レンジ幅、BOX下限などの節目、そして日柄(変化日)から

シナリオに落とし込み、今後も相場の流れを注視していきたいと思います。

 

 

【短期の相場観】

今日のシナリオシートでは「23180~23130」が強いサポートです。

ここでしっかり買い支えられているのを見ると「23380」を試しに

行く展開が考えられます。

 

 

しばらくは先物もオプションも様子見に徹します!

 

 

「みんトレ無料メルマガ」(相場観の無料配信)

 

 

 

みんなのトレード塾「公式LINE登録」

友だち追加

 

人気ブログランキング!ポチっとお願いします!

 

 

 

ブログ村ランキング!ポチっとお願いします!

にほんブログ村 先物取引ブログへ

 

 

 

証拠金激安!おススメ海外口座!

 

 

関連記事

  1. 朝一回だけトレード戦略

  2. 売りスイング成功

  3. 米バイデン大統領就任

  4. 3月前半の相場観

  5. 超ウルトラ変化日が来る!

  6. GWで仕掛けた

  7. 超ウルトラ変化日

  8. 日経225先物、目標値に到達!!

  9. 利益増大中!!

 

 

 

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村

 

PAGE TOP