From:原田剛

引き続き、日経225先物相場は レンジ相場が続いています。

11月3日以降の相場については後述します。

先日お送りした私の目先の相場分析は 現在も変わらずです。

23440が強いサポートです。
今日の安値も23450で反発しているので
今の相場もリアルタイム節目&シナリオシートは機能しています。

リアルタイム節目から算出した現在の相場観!
https://youtu.be/CPuy572sPIo!

「23620~23610」と「23570」が1つのポイントです。

これらの数値より下で推移していれば「売り優勢」で、
これより上で推移してたら「買い優勢」と判断します。

下で推移していた場合はのサポート値は「23430」と「23260」です。

上で推移していた場合の上値レジスタンスは「23670」「23740「23840」です。

「23620~23610」と「23570」のポイントの間で推移していること時は
「23630~23570」の超狭いレンジでしばらく値動きするでしょう。

23630を上抜けたら、上値レジスタンスまで上昇ですし、
23570を割れたら、サポート値まで下落する。

こんなイメージで先週9日(金)からエントリーしている
私の売りシナリオは、1回目利確は無事に成功。

現在は、2回目の利確待ち!

「売りシナリオ」
23670売り
23900ロスカット
23500利確済み
23440利確待ち

【11月3日アメリカ大統領選挙以降の相場について】
今はレンジ相場でボラが低く、分かりやすい相場が続いています。
しかし、11月3日以降の相場では、きっと方向感が出てくるでしょう。

個人的には11月3日以降の日経225先物相場は、選挙結果によって日足ベースで
相場の動きがどうなるのかを見ないことには分からない!というのが答えです。

ですので、事前に仕込むことは今のところ考えていません。

仮に上昇波動が出て、中期の上値目途を超えるようだと、
中長期の上値ターゲット「○○○○○」を意識して買いを仕掛けていきます。

逆に、4月22日や5月18日の超ウルトラ変化日からのサポートラインを
日足ベースで割り込んだ際は下落波動と見なして売りを仕掛けていきます。

その局面では、短期スイングも有効な戦略となるでしょう。

いずれにしても、今のレンジ相場を上か下に抜けるまでは、
ヨコヨコの動きが続くでしょうから短期スイングは相場が 動き出すまで待ちましょう!

「みんトレ無料メルマガ」(相場観の無料配信)

 

 

 

みんなのトレード塾「公式LINE登録」

友だち追加

 

人気ブログランキング!ポチっとお願いします!

 

 

 

ブログ村ランキング!ポチっとお願いします!

にほんブログ村 先物取引ブログへ

 

 

 

証拠金激安!おススメ海外口座!

 

 

 

関連記事

  1. 根拠があるから「全くブレない」売り戦略

  2. オリンピック開催前の相場展望

  3. 23990付近まで戻した

  4. 上値目途に接近中!

  5. 売りデイトレ決済!

  6. 米大統領選で相場は予測できない

  7. 【日経225先物】下値ターゲット16090到達!!

  8. 「最終章」スイングシナリオ

  9. 今日は「変化日」

 

 

 

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村

 

PAGE TOP