3月メジャーSQに向けた売りスイング戦略

日経225先物相場は3月メジャーSQまで
下落トレンドが継続すると考察しているので、
再度売りスイングを実施しました。

再び、売りエントリーした根拠(理由)後述します。

【売りスイング】
26700 売りエントリー済み
27100 ロスカット
26400 25980 24980 3分割利食い

3月1日(火)「変化日」の相場観!
↓ ↓ ↓
https://youtu.be/_xER2_XvVU0

【売り仕掛けの根拠】
週足リアルタイム節目で27020は転換ポイントと算出されます。

今日の日経225先物相場では、そこが戻り高値となった。

つまり、変化日に重要節目に到達した!と考えられる。

こうなると、相場は戻り高値を付けて下落に転じる確率が高まります。
これが、売りスイングを再び実施した理由です。

【変化日に、重要節目に株価が到達する】

これは大事なポイントなので覚えておいた方が良いです。

株価が27070を超えれば、売りスイングトレードは決済。
その後は、様子見と考えますが、転換ポイントを超えない
限り相場は再び「26350」を割れ、下値ターゲットに向けた
下落相場が訪れるはずです!

冒頭の通り、3月メジャーSQまでは下落トレンドと
考察しているため、昨日、売りスイングは戻り局面で
ロスカットにかかりましたが、私は再び売りスイングを仕掛けました。

現在値26700

動画解説でもお届けしたリアルタイム節目で算出した
上値レジスタンスは、「26850~26700」あたりなので、
26700で売りスイングエントリーを実施!!

資金管理としては、今回の売りスイングの3分割利確が
全て約定した時点で、2連敗の損失分を上回る計算です。

mini3枚でエントリーした計算

1回目売りスイングロスカット損失約10万円

2回目売りスイングロスカット損失約10万円

今回の3分割利確で利益合計27万円

1回目の利確後は、トレーリングストップを必ず入れる。
逆指値をエントリー下に注文して負けない状態をつくる。

投資家心理を揺さぶられない相場分析と資金管理が
個人投資家には必要!!

私の場合、直近でロスカットした場合でも、このように、
エントリーチャンスと考察したら、淡々と仕掛けます。

それには相場の値動きをSMPの乖離率、リアルタイム節目で
分析しているからです。

これらを使って相場の値動きを確認していることで、
再度リスク取ってエントリーする価値があるかないかが判断できています。

今回は「27070~27010」の転換ポイントまで株価は戻りましたが、
変化日のタイミングで超えれなかったのは意味があります。

相場は戻り売り継続のサインと判断できるため、
2連敗してても売りスイングを実施しました。

ロスカットに掛かっても、その後の相場地合いを
冷静にSMPの分析ツールは、相場でトータルで稼ぐために
欠かせないツールです。ぜひご利用ください。

具体的な225先物トレード戦略を
メルマガで無料配信中!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

みんなのトレード塾「公式LINE登録」
一般向けには非公開情報を配信中!!

友だち追加

 

ブログランキング!ポチっとお願いします!

 

ブログ村ランキング!ポチっとお願いします!

にほんブログ村 先物取引ブログへ

 

 

 

祝日でも225先物トレードが出来る!
しかも証拠金が激安で資金効率が良い!!

 

 

関連記事

  1. トレーリングストップを置く

  2. 乱高下相場は続く

  3. 次の変化日はいつ!?

  4. 日経225先物、目標値に到達!!

  5. 中期は「戻り売り」継続

  6. 今週の相場観

  7. 今日の参考デイトレ

  8. 【※無料公開】スイング手口と11月の相場展望

  9. トレードの時間軸の考え方

 

 

 

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村

 

PAGE TOP